« マニュエル・ルグリ「スターズ・イン・ブルー」 | トップページ | <グッドタイミング> »

2019年3月13日 (水)

<マニュエル・ルグリ公開レッスン>

昨日、京都バレエ専門学校の授業の一環として、

マニュエル・ルグリの公開レッスンが行われました。

音のとり方、体のクロスの仕方、音楽をカウントしない教え方、

すべてハセガワ・メソッドの長谷川直志先生に教えていただいていたことでした。

なにか胸がジーンとしてしまいました。

ルグリの実演は、音楽がはっきり見えました。

音を見せる音のとり方なんだと、実感しました。

私のこれからの課題です。

生徒たちに伝えられるよう、

次回の舞台で少しでも取り入れられるよう、

しっかり音楽を感じ、聞き、頑張ろうと思います。


それから、公開レッスンの後の質疑応答も素晴らしかったです。

ほんの一部だけ書きますね。
(覚書なのであやふやなところもあります。ごめんなさい。)


<日本のダンサーへのアドバイス>

・勤勉であること。(日本人は世界でもトップクラスだそうです。)

・自分を信じる。
 
・忍耐。
 
・深く自分の中から本当にこの仕事がやりたいのか明確にする。
 
・犠牲をたくさん払うこと(ルグリは練習することが好きだったから、犠牲とは思わなかった、とのこと。)
※ここで言う犠牲とは、いわゆる一般的なこともですが、その人の価値観で違うでしょうね。
 
・人と会う。いろんな世界の人を知る。
 
・楽器である自分の体を大切にし、いかに維持していくか。

などなど・・・

真面目で努力家のお人柄を感じました。

1964年生まれのルグリ。

彼は、新しいことをすることが好きだそうです。

校長、有馬えり子先生、素晴らしい機会をありがとうございました!

昨夕NHKの放送もあったようです。

« マニュエル・ルグリ「スターズ・イン・ブルー」 | トップページ | <グッドタイミング> »