« <2018年願い事> | トップページ | <今年の舞台は・・・> »

2018年1月16日 (火)

<バレエへの愛・・・薄井憲二先生>


戦後、日本のバレエの発展に多大なご貢献された

薄井憲二先生
(学校法人京都バレエ専門学校 理事)
2017年12月24日に93歳で永眠されました。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

京都でのコレクション展示の最終日でした。

Photo


Wikipediaより(原文ママ)

薄井 憲二
(うすい けんじ、1924年3月30日 - 2017年12月24日)は、日本のバレエダンサー、振付家、バレエ指導者、舞踊評論家、舞踊史研究家。 蘆原英了、東勇作に師事してバレエを学び、第2次世界大戦後の日本バレエ界で活躍した。1930年代から収集を続けているバレエ関連の文献資料は、個人が収集したものとしては世界有数といわれる。 モスクワ国際バレエコンクールやヴァルナ国際バレエコンクールなど内外のバレエコンクールの審査員を歴任し、2006年に第4代日本バレエ協会会長に就任した。


兵庫県立芸術文化センターに寄贈された、宝石のようなコレクションの数々・・・

薄井憲二 バレエ・コレクション | Kenji Usui Ballet Collection

 

« <2018年願い事> | トップページ | <今年の舞台は・・・> »